夢占いは2種類に分類される? - 見たい物を映し出そう

夢占いの2つの種類

 夢占いはさまざまな方法がありますが、大きく分けると「行動主観主義」と「シンボル主観主義」の2つです。次に、その2つの夢占いの方法をご紹介したいと思います。

■行動主観主義

 行動主観主義とは、夢の中でとったあなたの「行動」を占う方法です。夢での行動を、そのまま現実に当てはめて占うことになります。行動主観主義の占い方法としては、まず夢を見た人の感じたままでいいので、印象に残ったものや気になったものを重要なシンボルとしてみます。そして、そのシンボルが持つメッセージを解釈するのです。例えば、もし「自動車を運転する夢」を見たのなら、その解釈としては「遠くに行きたい」という表れと考えたり、「失敗する夢」なら「不安なこと」への表れと考えることができます。このように夢の中での行動を、現実に当てはめてメッセージを導き出すのです。

■シンボル主観主義

 シンボル主観主義とは、夢に出てくるものひとつひとつ全てが、それぞれ何らかのシンボルではないかという考えです。夢では、実にさまざまなものが出てきますよね。それらひとつひとつのシンボルが、あなたの奥底に眠る要素の一部だと考えているのです。シンボル主観主義の占い方法としては、夢に表れた全てのシンボルを一度まとめて解釈します。そして、そこからシンボルが意図する関連性を導き出し、最も重要だと思われるシンボルを見つけ出します。そのシンボルを解釈する占い方法です。そのため、夢を見た本人の主観はあまり関係がないのです。

 行動主観主義は、比較的にシンプルな夢占いの方法です。夢の中であなたがとった行動、それに印象に残ったシンボルを今のあなたの状況に当てはめて解釈します。初心者でも、すぐにできる夢占いの方法です。しかし、行動主観主義で占った場合、どうしても重要なシンボルというのが夢を見た本人の印象に影響されてしまうため、実際そのシンボルはあまりメッセージ性のないものだったりします。本当に重要なものは他のシンボルで、それをあなたに伝えたかった、ということもあるかもしれません。シンボル主観主義では全てのシンボルを解釈し、その中から重要なシンボルを見つけ出す方法なので、深層意識が訴えかけるメッセージを占うためにもシンボル主観主義の方法をお勧めします。

■recommend

信頼と実績のトータルサポート

別れさせ屋で離婚まで。

主役になれないけど大事な脇役!

手作り家具の購入

現地直輸入新作続々登場

アバクロの通販サイト

小豆島観光のためのレンタカー

中古トラックを安く販売

Copyright (C) 2014 見たい物を映し出そう. All Rights Reserved.